合宿免許に出発する際に必要な確認事項

###Site Name###

合宿免許は現地の教習所に入り、入校の手続きをします。
せっかく現地に行ったのに、提出書類の不備で入校出来ないといった事が有ったら大変です。


事前に色々な事をよく確認しておきましょう。



提出書類は、16歳から免許を取得出来る2輪の免許を持っている人は、所持している運転免許証が必要です。初めて運転免許を取得する場合は、本籍地が記載されている住民票、本人確認出来る健康保険証、パスポート、住基カード等が必要です。

また、いつもは不便では無いのでメガネは掛けていないという方も、普通免許の取得には、視力は両眼で0.7以上が必要ですから、いつもはメガネをかけていない方も合宿免許に行く時はメガネをつくるかコンタクトレンズを使用しないと免許は取れません。自分の視力が分かっていない方は、眼科に行って調べて貰いましょう。



年齢要件も確認事項では大事なことです。満18歳以上で無いと免許は取得できませんが、合宿免許の場合は2週間程で免許の取得が出来るので、目安としてはオートマ車で免許を取得するなら誕生日の6日前、マニュアル車で誕生日の8日前となりますし、また教習所によっては満18歳になっていないと入校出来ない所も有りますからよく確認をしましょう。中型免許や大型免許は普通免許を取得して2年、3年を経ていないと免許の取得は出来ませんのですぐには取得できません。



また、部屋はどういった振り分けになるのか、食事はついているのか等を調べて合宿免許に出発して下さい。